地図ナビ
  1. 世界地図ナビ
  2. 東アジア
  3. 日本
  4. 日本の世界遺産
  5. 石見銀山遺跡とその文化的景観の地図

世界遺産:石見銀山遺跡とその文化的景観の場所・地図

石見銀山遺跡とその文化的景観(iwami Ginzan Silver Mine and its Cultural Landscape)の地図を上下左右にスライドしながら観光したい世界遺産の場所やスポットを見つけ出して経路確認や距離計測機能を活用しよう。

・世界遺産名称:石見銀山遺跡とその文化的景観

・世界遺産英語:iwami Ginzan Silver Mine and its Cultural Landscape

・遺産分類:文化遺産

・登録年:2007年

・広さ面積:52917 平方キロメートル

・所在国:日本(Japan)

・エリア:アジア・太平洋(Asia and the Pacific)

・説明:本州南西部の石見銀山銀山は、600mの高さの山々が密集しており、大規模な鉱山の遺跡、製錬所、鉱山集落が機能する深い川の谷が点在しています。 16世紀から20世紀の間。このサイトには、銀鉱石を海岸に輸送するために使用されるルートや、銀鉱石が韓国と中国に出荷された港町もあります。鉱山は16世紀と17世紀に日本と東南アジアの全体的な経済発展に大きく貢献し、日本での銀と金の大量生産を促しました。採掘エリアは現在、樹木が茂っています。このサイトには、要塞、神社、Kaidôの一部が含まれています。海岸への輸送ルートと、鉱石が出荷された鞆ヶ浦、沖泊、温泉の3つの港町。

世界遺産:石見銀山遺跡とその文化的景観の地図を活用

世界遺産である石見銀山遺跡とその文化的景観(iwami Ginzan Silver Mine and its Cultural Landscape)の詳細な地図画像をグーグルマップ(Google Map)のように自由に画面を動かすることができる仕組みを利用して掲載しています。石見銀山遺跡とその文化的景観を上空から眺める事でまるで仮想旅行しているかのように世界遺産を堪能できます。周辺にある観光名所や景勝・話題のスポットを探したり、観光を計画する時や最寄駅、レストラン・飲食店までの経路確認で段取りをするときなどに活用できます。 地図画面を上下左右にと自由に動かせると共に縮尺を拡大や縮小できます。空中散歩をしている気分で石見銀山遺跡とその文化的景観の地図を楽しみましょう。

経路確認・距離測定で旅行の段取り

経路確認

距離測定機能を活用すれば旅立つ前に移動にどの程度時間がかかるのかを把握でき旅行計画を楽しみながら立てられます。

観光に地図を携帯

世界遺産へ旅行や観光に出かける際に、この地図を携帯すれば道に迷ったり目的地が見つからない事がなくて安心できます。携帯電話やスマートフォンで確認できる状態なら、この石見銀山遺跡とその文化的景観の地図や航空写真は強力なパートナーとなることでしょう。旅行前にインターネットへ接続できるサービスを調べるなどして準備をしておく事をおすすめします。

世界遺産の旅行イメージ