地図ナビ
  1. 世界地図ナビ
  2. 西ヨーロッパ
  3. ベルギー
  4. ベルギーの世界遺産
  5. スピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)の地図

世界遺産:スピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)の場所・地図

スピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)(Neolithic Flint Mines at Spiennes (Mons))の地図を上下左右にスライドしながら観光したい世界遺産の場所やスポットを見つけ出して経路確認や距離計測機能を活用しよう。

・世界遺産名称:スピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)

・世界遺産英語:Neolithic Flint Mines at Spiennes (Mons)

・遺産分類:文化遺産

・登録年:2000年

・広さ面積:17200 平方キロメートル

・所在国:ベルギー(Belgium)

・エリア:ヨーロッパ・北米(Europe and North America)

・説明:スピエンヌのモンス市スピエンツ鉱山は、100ヘクタール以上をカバーしており、ヨーロッパで最大かつ最も初期の古代鉱山の集積地です。それらはまた、抽出に使用される技術的解決策の多様性、およびそれらが同じ期間の和解に直接関連しているという事実のために注目に値します。

世界遺産:スピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)の地図を活用

世界遺産であるスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)(Neolithic Flint Mines at Spiennes (Mons))の詳細な地図画像をグーグルマップ(Google Map)のように自由に画面を動かすることができる仕組みを利用して掲載しています。スピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)を上空から眺める事でまるで仮想旅行しているかのように世界遺産を堪能できます。周辺にある観光名所や景勝・話題のスポットを探したり、観光を計画する時や最寄駅、レストラン・飲食店までの経路確認で段取りをするときなどに活用できます。 地図画面を上下左右にと自由に動かせると共に縮尺を拡大や縮小できます。空中散歩をしている気分でスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)の地図を楽しみましょう。

経路確認・距離測定で旅行の段取り

経路確認

距離測定機能を活用すれば旅立つ前に移動にどの程度時間がかかるのかを把握でき旅行計画を楽しみながら立てられます。

観光に地図を携帯

世界遺産へ旅行や観光に出かける際に、この地図を携帯すれば道に迷ったり目的地が見つからない事が無くて安心できます。携帯電話やスマートフォンで確認できる状態なら、このスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)の地図や航空写真は強力なパートナーとなることでしょう。旅行前にインターネットへ接続できるサービスを調べるなどして準備をしておく事をおすすめします。

世界遺産の旅行イメージ